SONOKOホワイトニングジェル

美肌・コラム記事一覧

スキンケアコスメによるエイジングケアをして「老け顔」大脱出を敢行!あなたの肌の性質をきちんと把握して、あなたに合うスキンケア化粧品を選択し、臨機応変に手入して今すぐ「老け顔」から脱却しましょう。美容悩みの解消には、まず初めに自分の臓器の状態を調査することが、更に美しくなるための第一歩になるのです。然らば、一体どのようにして自分の臓器の健康状態が判断できるのでしょうか。尿素(urea)の溶けた水とグ...

スキンケア化粧品による老化対策をして「老け顔」大脱出を敢行!自分の肌の性質をきちんと把握して、自分にぴったり合う基礎化粧品を選び、きちんとお手入れをして「老け顔」から抜け出しましょう。私たちが「デトックス」に惹かれる理由の一つに挙げられるのは、私達が生活している環境の悪化だ。大気や土壌は汚され、コメや野菜などの食物には不自然に成長を促す化学肥料や危険な農薬がたっぷり使われていると周知されている。肌...

化粧品によるアンチエイジングをして「老け顔」にさよなら!お肌の性質を把握して、あなたにぴったりの化粧品を選択し、きちんと手入して今すぐ「老け顔」から脱却しましょう。下まぶたの弛みが現れた場合、男女関わりなく実年齢よりもだいぶ老けて映ってしまいます。皮ふのたるみは色々ありますが、下まぶたは目につく場所です。明治末期に外国帰りの女性たちが、洋髪、洋風の服装、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介して...

顔の加齢印象を強める最も大きな素因のひとつが、歯に付着している”蓄積くすみ”です。歯の外側の層には、見えない凸凹があり、日常の暮らしの中で黄色っぽい着色やヤニなどの汚れがこびり付いていきます。美白(びはく)は95年から99年頃に美容家・鈴木その子の台頭とともに人気になったが、1990年代前半にはメラニンが原因の黒ずみ対策のことばとして使われていたらしい。外観をきれいにすることで精神的に元気になって...

基礎化粧品によるエイジングケアをして「老け顔」にさよなら!自分自身の肌質を把握して、自分らしい化粧品を選び抜き、最適なスキンケアすることで「老け顔」に別れを告げましょう。たとえば…あなたは今この瞬間、PCを見つめながら頬杖をついたりしているのでは?このクセは掌の力を思いっ切り頬へ与えて、繊細な肌に大きな負担をかけることにつながっているのです。本来、健康なお肌のターンオーバーは28日周期になっており...

基礎化粧品で老化ケア「老け顔」にさよなら!肌質を見極めて、自分らしい基礎化粧品を選び、的確にお手入れすることで「老け顔」から抜け出しましょう。紫外線によって作られてしまったシミをどうにかして消そうとするよりも、作られないようにあらかじめ予防したり、お肌の奥に隠れているシミの子どもをブロックする方が有効だということをご存知でしょうか。ドライスキンというものは、皮膚に含まれる角質層の細胞間脂質と皮脂分...

若々しい肌に必要なコラーゲンは、特に春から夏にかけての強い紫外線をもろに浴びたり様々なダメージを与えられたり、精神的なストレスが徐々に積み重なったりすることで、破壊され、あろうことか生成することが困難になっていくのです。洗顔石鹸などで毛穴の奥まで汚れを取るようにしましょう。洗顔せっけんは肌に合ったものを使いましょう。肌に合ってさえいれば、安いせっけんでもOKですし、固形タイプの石鹸でも良いです。ス...

乾燥肌によるかゆみの要因のほとんどは、歳を取ることによる角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の下落や、固形石鹸などの頻繁な使用による肌のバリヤー機能の低落によって露見します。新陳代謝が滞ってしまうと、様々な肌の老化現象や肌トラブルを引き起こします。老けて見られるしわ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・クマ・たるみ・ニキビ・乾燥など、書きだしてみればキリがないでしょう。アトピー性皮膚炎とは、アレルギー...

睡眠時間が不足すると人の肌にはどういう悪影響をもたらすかご存知ですか?その答えは肌の新陳代謝が乱れること。皮ふの入れ替わるスピードが遅くなる原因になるのです。我が国において、肌色が明るくて淀んだくすみや濃いシミの無い状態を理想とする習慣はかなり以前から存在しており、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。女性に親しまれているピーリングとは、役目を果たした表皮をピール(peel:はぎ取るという意...

肌の新陳代謝が狂いがちになると、色々な肌のエイジング現象や肌トラブルが起こります。ほうれい線などのシワ・目立つしみ・顔色の冴えないくすみ・くま・弛み・嫌な肌荒れ・突っ張るような乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないくらい大変なことになります。化粧の短所:ランチタイムにはメイク直しをする必要にせまられる。すっぴんに戻った時の落差。メイク用品の出費が案外痛い。すっぴんでは出かけられないある種の強迫観...

page top